Blog.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

miitmiit 無事 OPEN!!!
桜の花びらちーらちら

緑の赤ちゃんリーフがニョッキニョキ

電車に揺られて心地よい、目の前の人たちの顔が、なんだか優しく見える


さてさて、miitmiit 無事開店しました!!

力を貸してくれた仲間たち、そっと支えてくれた人たち、温かく見守ってくれた人たち、オープンを心から喜んでくれた人たちへ、心から感謝しています!!

リミットあるmiitmiitですが、これからもよろしくお願いします。

第一回目のmiitmiitは、私がライブを2daysしました。

おかげさまで超満員!!

立ち見の人はすみません...足、だるかっただろうな。

ライブの様子は以下のmiitmiitのブログを覗いてください。







次回のイベントは、
4/21(土)、4/22(日)「リラ・カナ レトロワードローブ 第四弾」


レトロ古着が大好きな二人がmiitmiitで春の古着ショップをOPEN!!

この日、同じく伊丹のJR駅前でもフリーマーケット開催中。

心奪われる一点ものを見つけに、是非遊びにいらしてください☆



miitmiit open!!
 お久しぶりです。


いつのまにか...

このブログ、ドカーーーンと宣伝がトップにいました...


でも、わたし生きてます笑


今、関西は伊丹市という町で、友達とギャラリースペースを作っています。
期間限定なので、その最後の日まで、めーー 一杯、楽しみたいと思います。

その名は、 
space & time  miitmiit

ちなみに、4/14,15日がオープン初日。

二日間に渡ってアフタヌーンライブします。

とても小さなスペースですが、
スペシャルな二日間になりそうです。

詳しくは、上記ブログまで。

是非、遊びにいらして下さい☆


明けましておめでとうございます!
 皆さま,


明けまして おめでとうございます。

皆さんのお正月は、いかがお過ごしでしたでしょうか?

昨年の私のお正月は、新型インフルエンザで始まり、かなり悲惨なものでしたが...

2011年の幕開けは、とても静かに始まりました。

何かが始まる...まるで台風が起こる前の静けさとでもいうのでしょうか。


まずは、全てに感謝!!

年末を感謝で締めくくり、年明けを感謝で迎える

これから続くもの、始まるもの、また沢山の出会いに胸をときめかせ、

今年も始まりましたーー


いつも私を支えてくれている人たち、ファンの方々、宇宙に感謝!!

大きなエネルギーを与えてくれてありがとう!!

そして、私は今年も沢山のエネルギーを吐き出します。

まき散らします。

色々な場所で、色々な人たちに向けて。

少しでも、それぞれの「元気」に繋がっていったらいいなと思っています。



それでも、実は...

いつも元気をもらっているのは私の方。

出会う人たちや物から、沢山の元気をもらって生きています。

だから、私も皆さんに恩返しがしたい。


そんな気持ちと共に、

有り余る、計り知れないエネルギーを音楽にぶつけ、表現してみたい。

そんな事がうまく調和できたらいいのになーー

いや、してみます。


シンクロニシティは起こります。



どうか、今後のTeNの行く末を、
赤ちゃんの成長を見守るように和やかに見守っていて下さい。

どんな形でも、皆さんに少しでも届けることができれば、これ私の本望です。


まずは、

去年も一昨年もその前の年も、その前も、その前も、その前も...

そして今も変わらず持っている、

歌を歌いたいという信念を再確認し、

今年の始まりとしたいと思います。


今年もどうぞよろしくお願いします!!

皆さんにとって、沢山の幸せを感じる年になりますよう、お祈りしています。







昨年も色々あったな〜〜〜




エキストラ募集
 毎日とても暑いです。

だけど、にじみ出る汗が気持ち良い!

夏、満喫しております。


さて、

早速ですが、映画のエキストラの募集のお知らせです。

私が直接関わっている訳ではないのですが、

私の知人が自主映画の撮影の中で、20〜30人のエキストラさんを必要としています。

この場で、少しでも集まればと思い掲載します。


撮影場所は主に兵庫県の伊丹市。

「STROBE LIGHT(ストロボライト)」 /片元亮監督

ご興味があったり、やってみてもいいなと思って下さる方は是非、

以下の詳細をチェックしてください。
http://wagamachi-itami.jp/eiga/

沢山の方が集まり、素晴らしい作品になることを、心から祈っています!


さてさて、

昨日、和歌山県のビーチに行ってきましたーー

お天気も抜群、

風も気持ちよく、ソーラーエネルギー&海のエネルギーを一杯もらい、エネルギー補充!


海水に浮かぶと、この世のもの全てが一体になったように感じられ、

思わず「ありがとう」と一言。

生物の起源がここから始まったんだ・・・ご先祖様に感謝です。

久々に海に入ったけれど、

この感覚を忘れることなく、度々海に浸かりに行きたい。




monthly art cafe
 2月に入った頃から、何かの刺激を求めているわたし・・・


何かを求めているとき、その思いが強ければ強いほど、
必然的になぜかしら面白い情報が入ってくる。

そんな時に、"monthly art cafe"と出会った。

monthly art cafeとは・・・
http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/main_monthly.html



大阪船場の雑居ビルのB1F 「船場アートカフェ」
http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/about.html


先月はここで、素晴らしい人たちと出会い、色々なことを学ばせていただき、
自分の内側の心と会話する重要な時間だった。


出会ったひと・・・

中川眞教授(音楽学、ガムラングループ「マルガ・サリ」主宰、I-Picnic)

マルガ・サリ
http://www.margasari.com/

中川教授には、野外で即興する"i-picnic"というグループのDVDをもとに、
"即興音楽"のレクチャーを受けた。
教授ご自身もグループのメンバーであり、演奏されている。

"i-picnic"はアジア的な共同性、多様性を生かしたパフォーマンスでもって、
音楽と社会において、目には見えない垣根を壊していく"メディア"として
表現し続けているグループだ。

また、このグループ、
どんなアーティストも限定せず、何でもコラボレーションしてしまうというところに魅力がある!!
素敵です!!!

私自身、表現するものとして、
どこに目を、意識を持っていくかによって、限りない可能性が広がっていることを実感している。

一方的だけど、中川教授の考え方、活動に共感することでテンションアガル!!!


そして、

本間直樹准教授(臨床哲学・CSCD)
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/staff/view/6

本間准教授には、ガムラングループ「マルガ・サリ」の演奏活動のDVDを見ながらの
「マルガ・サリ」の魅力を語っていただいた。
というか、皆で語り合った。

先生のご配慮で、お茶やお菓子をふるまっていただき、

マルガ・サリのメンバーとの交流ありの楽しい茶話会のようだった。


メンバーであり、i-picnicのメンバーでもある佐久間新さん(ジャワ舞踊家)との
出会いも大きかった。
http://www.pure.ne.jp/~fueya/lintang_sisik/

佐久間さんの活動はジャワ舞踊にとどまらず、
表現者として、とても柔軟な表現力を持った素敵な方だ。

まだDVDでしか拝見していないのだが、映像の中でも充分エネルギーが伝わってくる。

佐久間さんの動きは、まるで植物が根から成長し、花を咲かせるまでの時間を
足早に追って見ているような、そんな感覚だ。
身体の動きは、脈々と打つ呼吸に合っていて、かつとても自然体で、またリアルに人間を思わす。

"monthly art cafe"の中で、佐久間さんが講師をされる日があったので、興味があり行ってみた。 

題して、「大阪ピクニック(夜編)」

ダンスの種を探しに、五感をフル動員して船場の夜の街に繰り出すというワークショップ。

期待を胸にゾクゾクーーーーー!!!


建物の自動ドアセンサー遊び。
センサーに感知されないように、ギリギリのラインでセンサーの領域を身体でマーキング。

外に出たらまず、闇夜の中から目を慣らし、フラリフラリ歩いてみる。
歩く、歩く、歩く・・・

耳を澄ます、色々な音が聞こえる。
高速道路を猛スピードで走る車の音、カツカツカツ・・・と靴の音や風の音。

御堂筋に出ると、ドドーーン、幅広すぎる一方通行に沿って走る車の流れ。
わたしまで流されていくーーーー

横断歩道のど真ん中、南を向くと、信号の赤と車のブレーキランプの赤で赤だらけ。
オウムが怒っている!!!笑 (風の谷のナウシカより)

某大手会社の濃いグレー色のビル。
下からオレンジ色のライトに照らされ、高くヌボーーーっとそびえ立つ。
その圧倒的な存在感に、皆しばらく立ちつくす。
まるでこの世のものではない荘厳な雰囲気は、能舞台の様。
ここで歌ってみたい・・・

佐久間さんと「良い舞台になりそうですね。笑」と話しつつ、
寝転がって、大声で叫んでみる。
高い声、低い声、トリの声、サルの声。
響く、響く、響く・・・
しまいには、警備員が来そうになって、慌てて何事もなかったようにその場を立ち去る。笑

通りゆく人が、同じ次元にいないような気になって、まったく恥ずかしさを感じない。
面白い!!

まるで子供になったように、街を歩いたり走ったり。

最高に楽しいピクニックだったーーー


この体験をした数日、

佐久間さんの参加されている"i-picnic"の2005年、
インドネシアを舞台した数々の作品が収録されたDVDを見た。




視覚、聴覚だけでは言い尽くせない何かを感じた。

五感をフル動員した作品、
まさしく、その言葉がピッタリ!!!


演奏するには、その楽器や声を操るための技術も、もちろん伴わなければならない。
だけど、それだけでは伝わらない何かがある。

演奏者、表現者が"表現する"ために、技術が自分のツールとなって一体化して、ようやく"響く"。
そこには、必ず人間の"呼吸"が存在していてる。
自分はそう思っているのだが、

i-picnicの作品には、この人間と自然の心地よい呼吸が感じられ、すごく自然に調和されている。
まったく不整脈がない。
本当に心地よい。
この日、とても気持ちよく寝られたのは気のせいではないような気がする。


出会うことで心の内側、外側の世界が広がっていくって、本当素晴らしい・・・
と感じる今日この頃でした。





まだま村
 「まだま村」へ行ってきました。







駐車場に向かって車を走らせていくと、

まるでUFOを見るかのように、驚いた!!!!!

巨大なワラ作りのこんもりとした建造物発見。。。

何じゃこれは!!


かつて、フランシスコ・ザビエルの肖像画が発見されたという、

大阪府茨木市の山の奥深くにある千提寺。

ここは昔、隠れキリシタンの里だった。

今でも、キリスト教を信仰している人たちが住んでいるのだろう。

まだま村に向かう途中、聖母マリア像が、

まるで、畦道に置かれているおじぞうさんと引き換えに、

優しく、この里を守っているかのように見えた。










そのこんもりとした建物こそ、まだま村cafe

まさしく竪穴住居作りのほっこりと包み込んでくれるようなカフェである。

外からはモクモクと、煙突から柔らかい煙が見える。

中に入ると、薄暗い洒落た照明と共に、暖炉が煌々と燃えている。

そして、目に飛び込んでくる「和楽」と書かれた大きな書。

今まで、体感したことのない空間に引き込まれた。

無駄がない。

それでいて、風情があり、温かい雰囲気に包まれている。

床の間にはマリア像と思われる像が置かれてあった。

”隠れキリシタンの里”なんだ・・・とあらためて実感した。



ここは、ライブスペースとしても使われているようだった。

こんな場所でライブする人、それを楽しむ人・・・

きっと、温かく幸せな気持ちになるに決まっている。

そんな事を考えながら、美味しいバウンドケーキと”まだまミルク”を飲んだ。





"まだまミルク"が、これまた美味しかったーーー

温かいミルクに、砕かれたナッツやくるみ、栗が入っていて、

そのまま飲むのも美味しかったけれど、砂糖代わりに

寒い地方で作られ、さとう大根から取れる"てんさい糖"を少し入れて飲むと

、とてもまろやかで、冷え切った身体もすぐに温まった。

このてんさい糖、調べてみると、ミネラルに加えてオリゴ糖を含んでいるようで、

とてもお腹に良さそうです。

最近、健康管理のために、ネギ、しょうが、七味などを一生懸命取ろうと努力している

自分にとっては、とても魅力的な甘味料〜

昔からある甘味料なので、知ってる人は知っているのでしょう。

今度、砂糖がなくなったら試してみたい。



そしていつか、

"磨ま 玉だま 村むら" で歌ってみたい。






復活!
2010年

寅年

ようやく、向き合えます。

年末年始、体調を崩し、なんとインフルエンザA型に。。。

連動して、なんだか心と身体が病んでいたようです。

ご心配をおかけした方々、すみません。
私を支えて下さった大切な人たちに心から感謝。

おかげさまで、復活しました!


まずは、昨年お世話になった方々、私を応援して下さった方々へ

心からどうもありがとうございました。

そして、今年もどうぞよろしくお願いします。


すっかり出遅れてしまいましたが、

昨年末、A Hundred Birds OrchestraのXmas Liveも無事終わり、

大切な時間を割いて来て下さったお客さんには本当に感謝の気持ちで一杯です。

沢山のお客さんの笑顔に包まれて、最高に至福の一時でした。



AHBO Xmas Live リハーサル風景


色々と書きたいことは山盛りですが、

今後、小出しに、マイペースに紹介していこうと思います。


まずは、ご挨拶を。




Prism

昨日、A Hundred Birds Orchestra(以下、AHBO)のリハーサルに行ってきました。

今回のリハは、思いのほか人数は少なかったのですが、
より、リズム隊を強化しつつ、流れを確認した感じなので、

次回のリハでは、きっとかなりのガッチリズム!!


AHBO2009リハーサル風景


お客さんを踊らせてみせます!!!



ところ変わって...、

今日の昼下がりは、まるで小春日和のようにポカポカしてて気持ち良かったです。

リズムはリズムでも...




土蜂の巣prism


こんなプリズムを発見!!

実はこれ、ハチの巣の上に現れたもの。


数日前、うちの庭の木製の植木鉢置きに、土で固められたオカリナのような物体が張り付いていました。大きさにして約8cm。

なんだろう?と思い、外してみようと引っ張っても、身動き一つせず...

数回チャレンジしてみて、ようやく取れたのですが、

外した所に、何やらオカリナのような穴があり、中を覗くと幼虫が...


早速家に持ち帰り、昆虫図鑑で調べてみたところ、

"スズバチ"というハチの巣だったのです。

彼らは、ドロバチ類の一種で、ドロで長円系の巣を十数個固めて作るそうです。

...ということは、まだ家にも何個か巣を作っているのだろうか...


とにかく、子供を守る為に、頑丈な部屋を作ってやる為に、相当な仕事をしているスズバチさん。

子孫を残すことに全力で身を捧げて、働き、そして死んで行く...
儚い人生だけれど、
今の世の中、特に目を向けなくてはいけないことではないかと思いました。

ガンバレ、スズバチ!!
ガンバレ、地球!!



大切なことを教えてくれたようなスズバチさん、ありがとう。



prism2